トップ > メソセラピー > 脂肪吸引について

脂肪吸引について

メソセラピーの宣伝では脂肪吸引がよく引き合いに出されて比較されています。

現在では最も確実な痩身法のひとつと言われている脂肪吸引ですが、施術のリスクや手軽さなど、実際の所はどうなのでしょうか。

メソセラピーでは注射器を使用していますが、脂肪吸引ではカニューレを言われている直径2〜4mmの管を使用します。

このカニューレの先端には幾つかの穴が開いていて、これを脂肪層の中に挿入して使います。

吸引圧をかけると先端の穴に脂肪組織が入り込みます。
カニューレを前後に動かすと脂肪が切り取られてて吸引される仕組みです。

脂肪吸引をすると同時に毛細血管も吸い取られます。
しかし皮下脂肪がなくなればその部分の毛細血管も必要がないため、一緒に吸引されてしまっても問題はありません。

脂肪吸引で一度に取り除ける脂肪の量は3000〜4500cc程度です。
分かりやすく言うなら、通常でつまめる脂肪の厚みが約1/3程度になるようです。

気になる手術後の痛みですが、数日間鈍痛はあるそうです。
一般的には手術後は3日間テーピングが必要で、多少身体も動かしづらいようです。

大体1週間ほどで痛みはなくなりますが、仕事をしている方は手術後の3日間はお休みが欲しいところですね。

また脂肪吸引における適齢は30歳までです。
これは年齢が高くなると、後で必ずたるみが出てきてしまうからだそうです。

メソセラピーを受けようと思っている方は比較される脂肪吸引についても知っておくと良いですね。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「メソセラピー」です。
関連ページ

リバウンドの仕組み

メソセラピーは身体への負担も少なく、脂肪を溶かす効果が期待できるので最近とても人気の美容痩身法です。...

運動で部分痩せは可能か?

部分痩せに関心を持っている人は多いと思います。 最近ではさまざまな部分痩せに関するダイエット本やシェ...

飲むメソセラピー?

綺麗な細い身体を手にする為には食事療法から運動療法、美容整形などの色々な方法があります。 ダイエット...

小顔になりたい

ファッション雑誌などのモデルは、みんな背が高くスラッとしています。 足も長く、顔もとても小さいですよ...