トップ > メソセラピー > メソセラピーの副作用

メソセラピーの副作用

メソセラピーは最近話題の美容法です。
部分痩せに効果があり、脂肪吸引よりも身体への負担が少ないことが人気となっています。

美しさを追求したい人や、それを受けて応えようとする人がいるからこそ、次々と新しい美容法や痩身法が生まれてくるのです。

しかしどんな新しい美容法であっても、人間の自然の形に何かしら手を加えることは変わりありません。

ですから、どんなに安全と言われる方法でも少なからずリスクは伴うものだというのを理解しておきましょう。

メソセラピーについても例外ではありません。
その副作用について知識を得ておく必要があります。

では、メソセラピーでの副作用はどんなものがあるのでしょうか。

まずよく言われるのは、メソセラピーは同じく部分痩せの方法である脂肪吸引に比べて、はるかに副作用とリスクが少ないという事です。

しかし体内へ注射で薬を注入するのですから、全くリスクがないと言い切れませんよね。

メソセラピーの施術中では針を刺す程度の痛みも多少あります。
施術後は注射部位によって、赤くなったり腫れたり、内出血があったりします。

また、筋肉痛のような痛みを感じる方や、中には歩いたりするちょっとした動きで、身体に響くような痛みを感じる方もいるようです。

大体の方は1週間程度で腫れや痛み、内出血が消えていきます。

メソセラピーを実際に受けた方の体験談を読むと、顔の施術後に痛みと腫れがあり、仕事にいくことが出来なかったという方もいました。

施術後にどんな症状が出てくるかの可能性は医師とよく相談してみましょう。

気軽に出来るといわれているメソセラピーでもリスクや副作用を納得した上で施術を受けるようにしたいものです。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「メソセラピー」です。
関連ページ

リバウンドの仕組み

メソセラピーは身体への負担も少なく、脂肪を溶かす効果が期待できるので最近とても人気の美容痩身法です。...

運動で部分痩せは可能か?

部分痩せに関心を持っている人は多いと思います。 最近ではさまざまな部分痩せに関するダイエット本やシェ...

飲むメソセラピー?

綺麗な細い身体を手にする為には食事療法から運動療法、美容整形などの色々な方法があります。 ダイエット...

小顔になりたい

ファッション雑誌などのモデルは、みんな背が高くスラッとしています。 足も長く、顔もとても小さいですよ...