トップ > メソセラピー > メソセラピーの歴史

メソセラピーの歴史

メソセラピーは部分痩せを希望している方にとても人気があるようです。
自分の身体の中で特に細くしたい部分というのが、誰でもあると思います。
部分痩せに興味があり調べた結果、メソセラピーのような外科的な方法に興味を持った方も多いでしょう。

部分痩せのメソセラピーは技術の進歩によりうまれた治療法ですから、比較的歴史が浅いと言えます。

メソセラピーを受けようかどうしようかと悩んでいる方は、その効果や費用、リスクなどを色々な疑問があるかもしれません。
受診を決定するのにはそのようなものが決定打になると思いますが、メソセラピーの歴史というのも知っておいてみてはどうでしょうか。

メソセラピーがどのようにして出来た方法なのかという歴史を知ることで、受診の参考になるかもしれません。

メソセラピーはもともと1952年のフランスで開発されました。

この時のメソセラピーというのは、痛みの治療(ペインコントロール)として開発された医療技術です。

注射器を用いて皮膚下に注入する方法は一緒です。
しかし薬剤には植物から抽出した成分やビタミンを使用し、身体の機能を改善させるのを目的としていました。

このメソセラピーでは関節炎や便秘などの症状に力を発揮したと言われています。

では部分痩せの方法としてメソセラピーを使用するようになったのはいつ頃になるのでしょうか。

部分痩せとしてメソセラピーを使用するようになったのは1990年頃と言われています。

この頃に注入する薬剤の中身を調合して脂肪への効果もあると認められました。

それからは積極的に肥満治療へと用いられて、現在では脱毛治療にも使われています。

技術の進歩により新しいものが開発されていくことはとても素晴らしいことですよね。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「メソセラピー」です。
関連ページ

リバウンドの仕組み

メソセラピーは身体への負担も少なく、脂肪を溶かす効果が期待できるので最近とても人気の美容痩身法です。...

運動で部分痩せは可能か?

部分痩せに関心を持っている人は多いと思います。 最近ではさまざまな部分痩せに関するダイエット本やシェ...

飲むメソセラピー?

綺麗な細い身体を手にする為には食事療法から運動療法、美容整形などの色々な方法があります。 ダイエット...

小顔になりたい

ファッション雑誌などのモデルは、みんな背が高くスラッとしています。 足も長く、顔もとても小さいですよ...