トップ > メソセラピー > 太りにくい体質にするために

太りにくい体質にするために

メソセラピーを体験したことのある方は、スタイルが良く綺麗になりたいといった目的を持っているのではないでしょうか。

話題になっているメソセラピーとは、皮膚下に脂肪溶解剤を注射して、その部分にある脂肪を溶かす痩身法です。

脂肪吸引よりもメソセラピーの方が身体への負担が少ないことや、気軽に試せるといった点から注目を集めています。

メソセラピーは脂肪を溶かして排出するので部分痩せが可能になり、リバウンドもしにくいと言われています。

しかし施術して脂肪細胞が減っても、残った脂肪細胞が太りやすければ細くなった身体をキープできないでしょう。

メソセラピーの施術の効果を半減させないためにも基礎代謝を高めて太りにくい体質にしましょう。

基礎代謝とは、何もしなくても寝ているだけでも消費されるエネルギーの事です。
基礎代謝が高ければ食べても太りにくく、反対に低ければ太りやすい体質になってしまいます。

一般的には筋肉量が多く、体脂肪率が少ない人ほど基礎代謝は高めです。
つまり食べたエネルギーをどんどん消費できます。

基礎代謝の内の約4割を筋肉が消費しています。
筋肉量の多い若い男性は太りにくく、30歳を過ぎると基礎代謝が落ちて太りやすくなると言われています。

基礎代謝量は平均で成人男性で1500キロカロリー、成人女性が1200キロカロリーです。

女性でもある程度の筋肉を維持していくことで基礎代謝量も上がり、太りにくい体質を作る事ができます。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「メソセラピー」です。
関連ページ

リバウンドの仕組み

メソセラピーは身体への負担も少なく、脂肪を溶かす効果が期待できるので最近とても人気の美容痩身法です。...

運動で部分痩せは可能か?

部分痩せに関心を持っている人は多いと思います。 最近ではさまざまな部分痩せに関するダイエット本やシェ...

飲むメソセラピー?

綺麗な細い身体を手にする為には食事療法から運動療法、美容整形などの色々な方法があります。 ダイエット...

小顔になりたい

ファッション雑誌などのモデルは、みんな背が高くスラッとしています。 足も長く、顔もとても小さいですよ...